デザートは引き取り手の伝統としてみんなに楽しんでいます。

クリスマスの祝祭日、1月額6お天道様、Epiphanyを祝うために先人ケーキが食べられます。しかし、ケーキは世帯の習慣として皆に楽しんでいます。各国の先人ケーキにはさまざまなバリエーションがありますが、これは僕が真にイギリスで遭遇したことではありません。とりあえず、ケーキが提供されている距離、内部でマキシマム若い人、しょっちゅう息子がちゃぶ台の下に座っていらっしゃる。奴らは、どの順序でお客にスライスを提供するかを決めます。

習慣系に不幸な者に与えられたスライスが残ります。ちっちゃなトークンがケーキに隠され、誰かがそのスライスで見つけます。これはちょいちょいプラスティック製の小物だ(僕が渡したケーキにはプラスティック製の猫が含まれていました!)。こういうトークンをスライスで見つけたお客は、呼び名を置きられた王様または女帝だ。奴らは残りのお天道様のために段ボールのクラウンを装着しなければなりません、そして、奴らが奴らの王様/女帝として選んだ者と共に、他人を周りに持ち上げることができます!

僕はこういう慣例を紹介することを一体全体楽しんでいました。うん、先人ケーキは美味しいですが、それはまた、エラいディナーと有難い団体を楽しむために世帯と同僚が群がることを可能にする素晴らしい習慣だ。胸が大きくなるサプリ